生徒感想 – 学校口コミ・評判から探す

口コミ・評判・学校感想から自分にあった学校を探す、逆引き学校リスト!

新着順に並んでいます!生徒さんからいただいた学校感想の「悪かった点」は、すでに改善されている学校もたくさんありますので、気になる方はその点も含めてお問い合わせください。

  • SSLC logo SSLC Victoriaの学校感想  (19/05/14)

    【通学期間:1月から4月の3ヶ月間】
    各クラスによって自分に合ったレベルのクラスを受けられるのは良かったです。
    講師によって宿題の量や使う教材、テストの有無が違いました。
    どの講師もレベルに合わせた対応をしてくれます。
    アクティビティにも何度か参加しましたが、どれも楽しかったです。
    日本人のオフィススタッフが二人いるので、何かあれば相談できて安心でした。

    良かった点
    少人数制なので、だいたい1クラス10名程、多くても1クラス15名程なのは良かったと思います。
    コミニュケーションのクラスは5名の時期もあり、これくらい少ない人数の方が発言しやすかったです。

    悪かった点
    講師によってやり方が全く違うのと、講師が休む際、ヘルプの講師にあまりきちんと引き継ぎがされてないの
    で、中途半場な内容の授業になることがたまにありました。

  • カナダ学校情報 Cloud Nine College Cloud Nine Collegeの学校感想  (19/05/14)

    【通学期間:1月から4月の3ヶ月間】
    日本人が少ないという点で選びましたが、日本の大学の春休み期間に被ったのもあり、一時的にではありましたが、結構日本人がいたという印象です。授業、講師、スタッフ対応についてはとても良かったと思います。

    午前の授業はレベルによってクラス固定でしたが、午後は週2ずつ別クラスになるので、違うクラスや自分より上のレベルの人と一緒に授業を受けられるのはとても刺激になって良かったです。

    アクティビティも毎週いろいろあって充実していたと思います。

    良かった点
    講師が皆フレンドリーで楽しく優しい
    小規模スクールなので、3ヶ月で学校の殆どの先生、生徒と仲良くなれる

    悪かった点
    特になし

  • Royal Canadian Institute of International Studies(RCIIS)の学校感想  (19/04/25)

    【通学期間:8月から10月の3ヶ月間】
    大規模な学校ではないため、先生と生徒の距離が近いと思う。
    授業に関しては各授業レベル分けされており、自分に合った授業を受けられる上、レベルが上がるとモチベーションの向上にも繋がると思う。課題は基本的に無く、二週間に一度ほどプレゼンテーションやスピーチがあるだけだった。
    アクティビティはボードゲームカフェやヨガ、夏にあったCNEなど、頻繁に行われていたので、交流の場はたくさんあって良かった。学校自体が小さいので、アクティビティに参加しなくても友達はたくさんできる。

    一つ気になったのが、1セッション終わって次のセッションに移るときに、いつまでに次のセッションの授業を決めるのかや、どこに申請するのかなどの説明が一切なかったことだ。周りの生徒も知らず、困っていた。

    良かった点
    スピーキングのクラスでは4時間ひたすら喋るので、スピーキングを向上させたい人には良い学校だと思う。また、自分のクラスでは普段なかなか英語では話さないトピック(宗教や戦争、同性婚など)を取り上げていたので、自然とボキャブラリーも学ぶことができたし、新しい知識も得ることができたと思う。

    悪かった点
    学校が小規模であるため、みんなと顔見知りになれるし友達もたくさんできるが、その反面いい意味でも悪い意味でも学校に慣れすぎてしまう部分があると思う。長期間はおすすめしない。
    また、現地の大学に通う人はpre academic やIELTなどのクラスを取ると思うが、大学に通うつもりのない人にとっては、受ける授業の選択肢があまり多くはないと感じた。

  • SSLC logo SSLC Torontoの学校感想  (19/04/03)

    【通学期間:1月から3月の3ヶ月間】
    パワースピーキングクラス、ビジネスクラスの専門コースに通っていたため、レベル分けや進級、宿題はほとんどなかったのですが、毎週金曜日にあるプレゼンテーションの準備が大変でした。ただ、回数を重ねるうちにパワーポイントの作成に慣れていったので、最後は楽しくできました。スピーキングクラスや少人数クラスのビジネスクラスでスピーキングに慣れたということもあるかもしれません。

    日本人のカウンセラーさんにはすごくお世話になりました。たわいもないことを話したり、ちょっとしたことも相談に乗ってくれて、心強かったです。

    良かった点
    パワースピーキングでは、少しの文法の違い(例えば前置詞の違いなど)も見逃さない先生で、すぐに訂正が入りました。何度も言い直して自分のものにして…というかんじでしたが、今まで文法をあまり気にせずに話していたので、自分にとってはすごく勉強になりました。

    ビジネスクラスは少人数だったのですが、そのため先生が一人ひとりを見てくれて、アットホームな感じでした。

    悪かった点
    アクティビティが毎日授業終わりの15:10からあるのですが、専門コースを取っていた私は授業が終わるのが毎日15:30だったので、あまり参加できませんでした。その代わりに金曜日は授業が14:30に終わるので、金曜日はアクティビティに参加しました。

  • iLSC ILSC Vancouverの学校感想  (19/03/28)

    【通学期間:3月から3月の1ヶ月間】
    初日のオリエンテーションでライティングおよびスピーキングのプレイスメントがあり、10段階のレベルに分けられます。私は7-8レベルの合同クラスになりしたが、学びたいことや目指したいレベルによって割と柔軟に対応してくれます。

    私は午前にビジネス英語、午後にコミュニケーションクラスを選択しました。ビジネス英語の先生はザ・先生なとても優秀で良い方でした。一方でコミュニケーションクラスはユーモアに溢れた先生で、選択するコースによって先生のキャラクターは異なりますが、概して優しく
    教えることに慣れていました。

    教材は各教員が独自に用意しており、テキストがもらえるわけではありませんでした。宿題は比較的少なく(先生による)、放課後のアクティ
    ビティに積極的に参加することも英語上達の近道、というスタンスの学校です。ラウンジや自動販売機はとても充実していました。

    日本人のアドバイザーさんが常駐しているので、なんでも相談できます。

    良かった点
    授業がすべて選択制なところ、レベル分けが細かいところ。自分の興味に合致していて、かつレベルもちょうど良かったことから、午前中のビジネス英語クラスがとても楽しかったです。

    クラス分けのレベルが高いほど議論のレベルも上がり、学生さんのモチベーションも上がる印象です。

    悪かった点
    4週間で1セクターで、それが終わると受ける授業を変えることができます。したがってセクターの途中で入学するとクラスに馴染むまで多少時間がかかります。また、授業の希望は前のセクターから学校に通っている人の希望が優先されます。私はセクターの3週目からの入学だったので、第一希望の授業は取れませんでした。が、概して希望に沿って配属してくれます。また10レベル中、半分より下のクラスになるとEnglish only policy があまり守られなくなり、母国語で溢れかえっている感じでした。

カナダの学校VGC カナダの学校VCC トロントののカレッジSENECA バンクーバーの公立校BCIT カナダの語学学校ILAC
バンクーバーのカレッジLangara バンクーバーの語学学校inlingua カナダの語学学校ILAC カナダの語学学校Lab カナダの語学学校els