生徒感想 – 学校口コミ・評判から探す

口コミ・評判・学校感想から自分にあった学校を探す、逆引き学校リスト!

新着順に並んでいます!生徒さんからいただいた学校感想の「悪かった点」は、すでに改善されている学校もたくさんありますので、気になる方はその点も含めてお問い合わせください。

  • College of the Rockiesの学校感想  (19/09/16)

    【通学期間:9月から】
    学校が始まり2週間目が終わろうとしていますが、1セメスター5教科(コース?)は、予想通りハードだなぁという印象です。現地の学生も、5教科は辛いと感じているようです。
    今学期は以下の5コースを履修中です(自動的に登録されていました)。・アカウンティング(ACCT263)・マネジメント(MGMT204)・ツーリズム(TOUR111)・コンピューター(COMP153)・アカデミック英語(ENGL100)

    1週間あたり、各コース180分(90分×2)の量です。当たり前ですが、各コースとも授業の前に教科書を読んでから臨まなければならず、
    読むのが遅い私にとってはなかなか辛いものがあります。そのうえ、頻繁に課題やクイズも出るので追いつくのに必死です。しかし、今期この5コースをクリアしなければ卒業が伸びてしまうと思うので、必ずパスしなければと毎日図書館に篭っています。もし卒業が伸びなければ1セメスター3コースずつぐらいにしたいですが、そうもいかないようです。なので今学期はアルバイトをする余裕はなさそうです…。学校の先生も1学期目にアルバイトをするのはオススメしないと仰っていました。じきに慣れることを信じて頑張りたいと思います。
    あと、アカデミックの留学生は圧倒的にインド人が多いです。インド人が8割以上で、日本人は1割もいるかわかりません。特にTourism Managementのプログラムは留学生がほとんどで、つまりインド人がほとんどです。
    私の英語力の低さの問題ですが、インドアクセントの英語がほぼ聞き取れず、グループディスカッションになったりすると結構困ります。例えば6人グループで5人がインド人だと置いてけぼりです。聞き返したりなどして努力するしかないですね。
    勉強に関しては正直、辛いところや不安が多いですが、まだ始まったばかりなので、とりあえず全力でやってみたいと思っています!

    クランブルックの環境は、集中して勉強するには適していると思います。山に囲まれた小さな田舎町で商業施設も少ないです。かといって不便すぎず、大学から20分ぐらい歩けばダウンタウンまで行けますし、バスもあるので、車がなくても全然やっていけます。本当に小さなコミュニティーなので、至るところで知り合いやクラスメートに会います(笑)
    また、ハイキングやウィンタースポーツのほか、自然の中で遊ぶのが好きな人にとっては最高の環境です。夏は暑すぎず過ごしやすいですが、乾燥がわりとすごいので、ボディクリームやハンドクリームは必須です。

  • St Giles Vancouverの学校感想  (19/09/11)

    【通学期間:3月から9月の6ヶ月間】
    先生やスタッフの人がとても優しかった。日本人も少ないので、英語力を伸ばすにはとてもいい環境だった。
    毎日放課後アクティビティもあり、いろんな観光スポットに行ったり、イベントに参加できたりして楽しかった。

    レベル分けはあまり細かくなく、1つ上のレベルに上がるといきなりすごく難しくなってついていけないこともあった。でも2週間に一度先生との面談があるので、相談しやすい環境なのは良かった。

    良かった点
    ・毎日放課後アクティビティがある
    ・2週間に一度先生との面談がある
    ・日本人が少ない
    ・あまり大きい学校ではないので、アットホームな雰囲気で落ち着く
    ・カフェのランチが安い

    悪かった点
    ・レベル分けがあまり細かくない
    ・カフェテリアが狭く、ランチのとき座れないこともある
    ・教室が狭い

  • カナダ留学 トロントOSL OSL – On the Spot Languageの学校感想  (19/09/10)

    【通学期間:5月から2ヶ月間】
    得られるものが多いプログラムだと感じました。
    スピーキングのスキルはもちろんですが、トロントの人たちとの接点や、今後英語やそれ以外の言語を学んでいくためのノウハウも得られます。
    自分のやる気次第でとても高い価値を得られる内容だと思います。

    また、在学期間中はCSIというシェアスペース(wifi、コーヒー、サラダクラブ、その他イベント等)を使える点も魅力です。

    良かった点
    ・少人数制で手厚く、自分に必要な会話文を学ぶことができた。

    ・トロントの人たちと会話するスキルと習慣を身につけることで、プログラム終了後も自分次第でスピーキングを伸ばし続けられる。

    ・語学力に限らず、トロントの歴史・会話をコントロールするツールを学ぶことができた。

    ・多くの人やCSIというコミュニティとの繋がりができた。

    悪かった点
    強いて言うなら授業時間に対しての価格が高いこと。
    それでも相応な価値のある内容だとは思う。

  • LAB Vancouver – Languages Across Bordersの学校感想  (19/09/10)

    【通学期間:8月から約1ヶ月間】
    とても楽しかった。
    授業の内容は頭でわかっているが、言葉にすることがでかができない。という感じで、自分にはちょうどよく勉強になった。ゲーム性が高く、楽しく授業を受けることがでにた。これで身につくのか?とゆう疑問もあったが、滞在が長い人たちは身についているようだったので、楽しく授業を受けて、スキルアップに繋がっているとゆうことですごく良いなと思った。

    金曜日のアクティビティが拘束時間が長いものから短いものまで選択でき、選択制なのがよかった。

    授業中にトイレや飲み物を取りに行くのが自由など、日本の常識に囚われず自由な雰囲気の中で過ごしやすかった。

    教材を購入することなく、その週に使う部分を印刷してくれて配布するやり方がよかった。

    教材を持ち歩いて大変な思いをしなくていいし、今週やることが明確でよかった。やる気に繋がった。

    良かった点
    衛生面も問題なく、飲み物のサービスがあった点がよかった。
    居やすい環境で、助かった。
    孤立してしまうことがなく、ラウンジやクラスで話をだきてよった。
    休み時間内のゲームも楽しめた。

    悪かった点
    不安な中来ていると思うので、日本人が困っている時、日本人スタッフがもう少し手厚く見てあげてほしいと感じる事があった。
    自身は困ることがなかったため、問題なかった。

  • inlingua Vancouverの学校感想  (19/09/10)

    【通学期間:4月から約6ヶ月間】
    レベル分けはスピーキング、グラマーによってきちんと分けられている印象ですが、レベルが上の人が下のレベルに行くことは可能です。なので、同じレベルでも理解のスピードに差がある場合もありました。

    教師の方はみな優しく、熱心で分からなければしっかりと教えてくれます。この人の授業を受けたいから、といった理由でスケジュールを変更することも可能なのがよかったと思います。

    学校の雰囲気は明るく、皆アクティビティの参加などに積極的な印象です。日本人4割韓国人3割ラテン3割の印象でした。そこで出会った友達とは今でも仲がいいです。

    授業内容は下のクラスの方がよりグラマー中心、復習も多めなので良かったと思います。上のレベルに上がるにつれ日常会話ではない事も勉強するのがわたしには少し合わなかったです。日常会話の発展形(別の言い回しやボキャブラリーの強化など)を学べたらよりよかったと思います。

    良かった点
    明るく楽しい雰囲気
    レベルにあったクラス分け
    たくさんのアクティビティー
    駅からのアクセス

    悪かった点
    教師によってサラッと進むのか、しっかり説明してくれるのかのばらつきがあったように思います

カナダの学校VGC カナダの学校VCC トロントののカレッジSENECA バンクーバーの公立校BCIT カナダの語学学校ILAC
バンクーバーのカレッジLangara バンクーバーの語学学校inlingua カナダの語学学校ILAC カナダの語学学校Lab カナダの語学学校els