【今すぐ実行】予算50万円未満で カナダ留学する方法

ワーキングホリデープラン

canada-50man
ワーキングホリデーは1年間就労・観光・滞在ができるビザですが、学校にも最大6か月まで通うことが可能です。
50万円あれば、まず最初の4週間学校に通い、卒業後お仕事を開始することで、1年間滞在することも夢ではありません。

予算50万円のワーホリさんのポイント

☆お仕事探しがハイシーズンになるように、予定を組もう!
 予算50万円の場合、到着後早目の仕事探しは必須。
 それなのに、仕事開始がローシーズンにぶつかってしまうと、
 なかなか募集をしているところがなく、仕事が決まらないまま時間だけが過ぎてしまいます。
 お仕事探しがハイシーズンに重なるように渡航時期や通学時期を調整しましょう。
 都市によってハイシーズン・ローシーズンがいつかは異なるので、都市情報をしっかりチェック!

語学留学プラン

canada-50man
50万円あれば1か月間(4週間)フルタイムのプログラムでしっかりと学ぶことが可能です。
学校によっては、さらに時間が長いインテンシブコースを選んでも予算内に収めることができるでしょう。合計1か月間と滞在期間が限られているからこそ集中して長い時間勉強することができるとも言えるかもしれません!

Q:1カ月でどんなことが勉強できるの?

 ★TOEICスパルタ学習
 日本では知名度が非常に高いTOEIC。独学でスコアをあげるのは至難の業。
 1カ月TOEIC対策に集中してスコアアップ!

 ★英語教授法留学
 英語教師としてのスキルアップ!
 子供や成人への英語の教え方をしっかり学ぼう。

予算50万円の語学留学生さんのポイント

☆学校のアクティビティをフル活用しよう!
 語学学校には放課後や週末にアクティビティが用意されています。通常任意参加で興味があるものに申し込みをするというスタイルです。
 団体割引が適用されたり、留学生のために価格が抑えてあるものがたくさんあります。自分で一つずつ探して手配するよりも安心!簡単!リーズナブル!活用しない手はありません。
友達との交流をする場としてももってこい。
 市内散策や観光、週末の宿泊旅行など積極的に参加しましょう。

50万円で留学サンプルプラン

canada-50man

学校登録費用(入学金) 120ドル
授業料週25レッスン4週間 1400ドル
教材費 80ドル
JP HS手配料 200ドル
JP HS30泊 950ドル
JP 空港送迎 100ドル
JP 現金パック 200ドル

 
カナダドル合計 3000ドル

30万円(1ドル100円)
15万円 航空券
3万円 保険
日本円合計 18万円
総合計 48万円

(*金額は一般的な概算額です。)

よくある質問:「どこか減らせるところはないですか?」

語学学校では、授業料割引のキャンペーンを実施しているところがあります。
  ●週間以上申し込むと、●%オフ
  ●日までに申し込むと、入学金無料
  今月は、差額無料でグレードアップ
など、学校やプログラム、時期により様々な特典があります。

留学会社のカウンセラーに気になる学校の最新情報を聞いてキャンペーンを上手に活用しましょう!

4週間留学のサンプルプラン

実際に4週間のカナダ留学がどのようになるのか、よくある、アクティビィティにも力を入れている学校への通学一例を挙げてみました。

大体が最初の月曜にオリエンテーションがあって、翌日から平日は朝から午後3時過ぎまで学校で授業があり、放課後や金曜日にはスクールアクティビティが用意されています。アクティビティは必須では無いですが、海外からの学生と交流を深めるきっかけとなることもあるので、気になるイベントに参加すると楽しみが広がります。

50man-schedule

アクティビティー例:
ホッケー観戦 キャピラノ ハーバーセンタータワー 市内散策

地元ボランティア例:
  フェスティバル(Children’s festival、、Salmon Festival、Falk Music Festival)、
  Vancouver Marathon、チャリティーイベント、シニアセンターバザー、


そんな短期留学プランを考えているあなたへおススメ校

☆トロントエリア

☆バンクーバーエリア


問い合わせたい内容

興味のある専門コース

カナダの学校VGC カナダの学校VCC トロントののカレッジSENECA バンクーバーの公立校BCIT カナダの語学学校ILAC
バンクーバーのカレッジLangara バンクーバーの語学学校inlingua カナダの語学学校ILAC カナダの語学学校Lab カナダの語学学校els