1週間からの短期留学

1〜2週間のスキマ時間を上手に使って留学しよう!

    • 大学の春・夏休みの2〜3週間で学校に通って、週末は海外ボランティアの経験をつみたい
    • 転職時の有休消化の1週間を使ってスキルアップに繋げたい

こんな方の短期留学が増えています。

では、どうやったら行けるの? 短期留学をしよう!と思いたって行動したいけど何をどうしたらいいかわからない! でも実は簡単!必要なステップは3つ

1.学校を決める

自分が学びたい分野、伸ばしたいスキルを見極めて自分に合った学校をチョイス! 1週間から行ける学校はたくさんあります。 そこからいいな、、と思ったところにお申込み!

2.eTAの取得

7ドルを支払ってeTA(電子渡航認証:Electronic Travel Authorization)の取得が必要です。 取得はこちらから☆ ↓↓↓ https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/visit-canada/eta/facts-ja.html

3.航空券をとる!

以上!

手間がかかる、、と思いがちな留学も実は簡単に行けちゃうんです☆

短期間の留学で何が変わる?

もちろん、スキルアップの幅に限りはあります。

ですが、○○週間しかない!という心理から、集中して勉強したり、英語でコミュニケーションをとってみようとチャレンジしたり、と逆にいいモチベーションになるのです。

カナダに来たときガチガチだった表情も、カナダを帰る頃には、空港スタッフの英語でのあいさつに、「Yeah, I’m good! Thank you!」と自然な会話をして、みなさん笑顔で帰られています。

また、「1週間でスキルは変わらない」かもしれない一方で、

留学したから分かった、自分に足りないもの思ってもいなかった人生の選択肢に出会う方がたくさんいます。

2週間の海外経験が人生を変えた

2週間の留学で「自分も海外に住めるかも!」と思いワーホリを決意

初めての留学で、海外に住んでいる日本人や、これからカナダに住もうと思って様子を見に短期留学している方々に会い、

自分も同じように「海外に住んでみたい」と思うようになりました。(R.M.さん)

ワーキングホリデーで1年だけ、海外に住むつもりが、もう5年目になります。

高校の授業以来していない英語をまた勉強してみようかな、、という軽い気持ちで来た海外で、自分のやりたいことに出会い、今では会社にワークビザをいただいて働いてます!(H.N.さん)

海外生活のきっかけがワーキングホリデーや留学という方が、ものすごく多いです。

帰国してからも、世界と繋がっていると実感できる

人生初めて海外に外国の友達ができました!

みんな各国に戻っても連絡を取り合っているので、メキシコ・ポーランド・ブラジル・フランス、、、世界中に友達がいて、帰国してからも刺激をもらっています!

日本に今度旅行で行くから案内してよ!と連絡があり日本で再会して日本の文化を教えたり案内したり、、あ、私海外に行ったんだな、勉強してよかったと実感しました。

韓国はとても近いので、韓国人の友達とは日本、韓国でよく遊んでます!

などなど、数週間の留学で英語を学びながら、留学しなければ、行動しなければ起こらなかったコトが留学後も生きてくる!

 

「人生で一度の留学」、してみませんか?

政府が把握している数だけでも、年間で15,000人を越える日本人が留学・ワーホリでカナダを訪れています。

あなたも旅行ではなく、海外の学校に通ったり、生活をしてみるというチャレンジを今年していませんか?

必要な費用・必要な英語レベル・ホームステイ費用など、なんでも質問してみましょう!

短期留学ができる学校

 

現地に住んでいるプロに聞いてみよう!

問い合わせたい内容

興味のある学校