インタビュー

 PA220612小竹実佳子さん

Britannia で英語を学べて本当に良かったと思います。
他の学校では、話す機会は与えられても、小さな間違えまで訂正してくれない所が多いですが、Britannia は先生達が常に的確なフィードバックを与えてくれました。英語で考えるクセがつくので、日本語から訳して話すという事がなくなりました。教科書にのっているストーリーや単語以外にも今起こっている出来事についてまた、歴史について等沢山の事を学べ、視野も広がり新しい表現も学べました。先生達はどんな質問にも答えてくれるし、とてもあたたかく優しい先生が多いです。大きい学校ではないけれど、そのぶん先生と生徒の距離も近く授業中もたくさん話す事ができるし、生徒同士も英語で話すことに対してためらわない。目標を持っている人が多いので、とても勉強になるし、クラスメートから良い刺激を受けました。

SeitoNoKoenoIMG

Ryoさん

Britannia で勉強したなかで一番大きい事は、英語に対する見方が変わったことです。今までは英語で話す時も、意味が伝わればいいという程度に考えていましたが、授業を受けるにつれて自分の話している時の文法的な間違いや発音、またニュアンスの違いや文化の違い(男女観、家族観など)も教わるなかで、英語を多角的にとらえるようになれました。英語でコミニュケーションをとる際に、相手の考えを深く読めるようになりました。

コースのご紹介

English Communications Diplomaプログラム

当校は授業中、常に発音の矯正、間違ったセンテンスの訂正など、個々の学さんの弱点を補強できるように組まれています。1対1での徹底的なスピーキング強化により、自分の弱点を明確に把握し、集中的に直していきます。ただ会話の練習をするだけではなく、講師からのフィードバックをたっぷり受けながら、クラス全体でよくありがちな間違いを勉強します。

このプログラムは、『発音&語彙』、『正確さ』、『流暢さ』、『今日の授業の総合確認』の、4つのモジュールから構成されています。1限目の『発音&語彙』は、イントネーションやリンキング、ストレス・パターンの訓練をするモジュールです。一対一の発音矯正を通して、カナディアンの自然で綺麗な発音を身につけます。

2限目の『正確さ』のモジュールでは、文法のポイントに沿って正確&完璧に話すテクニックを学びます。学生の間違いは全て黒板に書き出し、クラス全員で間違いを直してきます。

3限目の『流暢さ』では、ネイティブの使う自然な表現の仕方を学びます。また、プレゼンテーションや討論をたくさんこなし人前で話す自信を養います。

そして4限目の『今日の授業の総合確認』では、フリーカンバセーションを楽しみながら、その日に習得した語彙を使って正確かつ流暢に話せるか、自然な発音で話せるかを確認していきます。さらに、今日の授業に関する「質問と疑問解決」の時間を設け、学生達がわからなかったことはその日のうちにクリアーにして、1日の授業を終えます。

 

学校詳細

設立 2002年
生徒数 20~25人
講師数 3人
教室数 5
1クラス人数 最高9人
国籍比率 日本50% / 韓国50%
学校設備 ・冷蔵庫  ・電子レンジ ・Wi-Fi
授業料

English Communications Diploma Program (24h/w):

4週間 $1,515- / 5週間 $1,863.75- / 6週間 $2,212.50- / 7週間 $2,561.25-

8週間 $2,910- / 9週間 $3,252.50- / 10週間 $3,595- /11週間 $3,937.50-

12週間 $4,280- / 13週間 $4,622.50- / 14週間 $4,965- /15週間 $5,307.50-

 学校の特徴

English Communications Diploma(ECD)プログラムは、1クラス最大9人という少人数制で、正しい文法や発音で英語を話すことを目的として勉強するプログラムで、とにかく会話をする学校です。

少人数クラスなので、先生と生徒との距離も近く、アットホームで、個別に間違えを直してもらう・・・という授業スタイルが中心となり、生徒ひとりひとりへのケアもしっかり行き届いています。

 BRITANNIA COLLEGE へ日本語で問い合わせる

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

現住所
日本カナダそれ以外

自宅電話番号 ※よろしければご記入ください

携帯番号 ※よろしければご記入ください

ご質問など